立ヶ花狭窄部 河道掘削工事の状況

信濃川流域全体での上下流バランスや氾濫域のリスク等を総合的に勘案しつつ、令和2年度から千曲川本川の水位低下を目指し、立ヶ花狭窄部の掘削を段階的に進めています。
河道掘削を行う範囲を段階的に広げていき、上流に位置する立ヶ花狭窄部のせき上がりを受けている範囲において、令和元年東日本台風規模の洪水を計画堤防高以下で流下させます(R9年度末まで)。

  • プロジェクト掘削範囲
  • 河道掘削施工ステップ

※河道掘削については上下流バランスを踏まえ、段階的に掘削を行う予定。なお、詳細な河道掘削範囲は今後、測量結果を踏まえて決定する

「ステップ1」のタブをクリックいただくと
工事状況をご確認頂けます

工事進捗状況MAP